My Guitars 01

入手した順に載せています。2006~2010年頃。

Schecter Damien-7 AD-DM-7 - Satin Black (売却済)

Schecter Damien-7 AD-DM-7 01 (2010-01-07 撮影) Schecter Damien-7 AD-DM-7 02 (2010-08-25 撮影)

2008年4月16日、僕が高3のとき、クラスメイトから4万円で購入した7弦ギターです。思えば、自分のお金で自分のギターを購入したのはこれが初めて。しかし、とにかく記憶に薄い!7本も弦があるのに、一番薄い!なぜかというと、購入後全然使わなかったから。

当時ちょっとメタルな気分になっていてて、Korn とかのコピーを個人的にやっていたのですが、ホントにそれぐらいで。ソフトケースに入れていたのに出したらホコリかぶってたぐらい放置してました。

シェクターというメーカーも知らなかったので調べてみたところ、このギターの定価は8万4000円らしいです。そしてこれはアームが付いてないモデルですが、アームが付いている Damien-7 FR っていう型があったり、これの6弦バージョンで Damien-6 と Damien-6 FR (アーム付き) とかがありました。色は全部サテンブラック1色のみ!

素人に7弦は変態過ぎました…。2010年9月3日に mixi で知り合った人へ譲り、そのとき代わりに Fernandes LA-115KK - Red (売却済) を入手しました。もっとギターが上手くなって、Dream Theater とか弾けるようになったらまた7弦買いますw。

PhotoGenic ST-180 - 3 Tone Sunburst (売却済)

PhotoGenic ST-180 01 (2009-05-01 撮影) PhotoGenic ST-180 02 (2010-01-07 撮影)

2009年5月1日、僕が人生で初めて、楽器店で購入したギター、そして人生初のストラトキャスターがこれです。

その日、ベースをやっている友人の当時の彼女がギターを始めたいということで御茶ノ水への買い物に付き合うことになりました。その彼女はあれこれ悩んだ末に、これと同じモデルのピンク色のものが欲しいとなったのですが、いざ買うとなると躊躇していました。

そこで、個人的にもギターが欲しかった僕は、「じゃあ一緒に買おう!」ということで、その隣にあったこのサンバーストのストラトを購入することにしました。本体価格は8900円という超安物。さすが安ギター界の大物、フォトジェニック。しかし僕の初めて買ったギターはまぎれもなくこの超安物なのです。

サンバーストにした理由は、高中正義を意識してでした。僕は小さい頃から父に高中正義を聴かされており、僕自身も高中正義が大好きだったので、見た目だけでも真似したいのでこの色にしました。しかしウッカリしていたのが、高中ストラトはメイプル指板、こちらはローズウッド指板だったので、明らかに「見た目だけ」も真似出来ていませんでした。…今思えば「デビュー初期のジミヘンのストラト!」なんて言い訳とかいくらでもできたと思いますがw。

そんなショック (?) があったのと、このあとアホみたいにストラトばかり購入してしまったため、翌2010年の1月下旬 (日付忘れたが19・22・26・29日あたり) に大学のサークルの友人に2千円で売りました。あ、関係ないけどサークルの友達に全く同じサンバーストのフォトラトを持ってる人がいました。

音は…。なにぶんこれまでストラトを弾いたことがなかったのでよく分からなかったのですが、今にして思うとノイズ多かったなぁ…と。音も細かったかな。トレモロアームでチューニングが狂いやすかったり、あれこれ「超安物」感はありましたが、サンバーストのストラトはまた欲しいなと思ってます。

Fernandes ST-40 - Red (売却済)

Fernandes ST-40 01 (2009-09-06 撮影) Fernandes ST-40 02 (2009-09-06 撮影)

2009年9月3日、人生初のヤフオクで落札したギター。どうしてか2ハムのストラトが欲しくなり、思い付きで入札したら落札出来てしまいました。落札金額3760円。落札した直後になぜか超欲しくない気分になりながらも入手。

通常のストラト (といってもこのとき持っていたのはフォトラトだけでしたが) と比べると確かに音が太かったですが、ハムバッカーが載っているからといってレスポールみたいな太い音にはならないんですね。やはりボディの違いがあるのでしょうね。赤いボディに黒いピックガードというのも意外とカッコイイ。シールドジャックのプラスチックが割れていたのですが、使用上は特に問題なし。

型番が分からずにいましたが、2012年12月、フェルナンデスのサイトにあるカタログを片っ端から見ていると、1986~1988年のカタログに載っている ST-40 と判明。なお、1985年のカタログにも ST-40 が載っていますが、こちらはエスカッションが付いています。アルダーボディに Super Humbucker ピックアップというスペックだったようです。

9月6日に届いたそのギターを、15日に友人に売っていました。当時持っていた Zoom G1 (売却済) というマルチエフェクターと合わせて売って8500円なり。

K-Garage KST-150 - White (売却済)

K-Garage KST-150 01 (2010-01-07 撮影) K-Garage KST-150 02 (2009-09-09 撮影)

2009年9月5日、上のフェルラトの2日後にヤフオクで落札した K-Garage という安ギターメーカーのストラト。定価1万5000円のところ、3999円で落札。ボディに少し傷があるため、ワケありの新品として安く出品されていました。

白いボディにローズウッド指板。ボディはポウロウニア (桐) らしく、とても本体が軽い。音も軽い感じがするが、そこはご愛敬。本体の軽さがとにかく気に入ってよく使っていました。

2010年4月以降は、大学の部室に常備することに。大学で暇になったとき、部室でギターが弾けるようにしました。しかしさすがはズボラな人間が集まる軽音楽サークル、他人のものでもお構いなしに使用し、弦が切れたら放置。あまりに部員たちの扱いが酷いので弦に南京錠をかけることで僕以外が使えない状態にしていました。

2011年1月の終わり頃、部室に置きっぱなしのまま部活の先輩に譲ることに決定。「買うから譲って!」と言われたのに未だにお金を受け取っていないのですが…w。

Vintage Stratocaster Model - White (譲渡済)

Vintage Stratocaster Model 01 (2009-09-09 撮影) Vintage Stratocaster Model 02 (2009-11-20 撮影) Vintage Stratocaster Model 03 (2010-01-07 撮影)

またもやストラト。2009年9月7日に3500円で落札。初のメイプル指板のストラトです (しかもどうやら貼りメイプル)。上のケガレストラトとともに9月9日に届けられたので、この日は部屋がギターの入った大きな段ボールでいっぱいになりました。何故かギターの段ボールってかさばるんですよね…。Vintage というブランド名の怪しさはご愛嬌w。このブランド、2010年8月頃に安ギター界から姿を消し、2012年頃からまたヤフオクなどで見かけるようになりました (最近はもはや開き直って「ロゴなしバージョン」なるものも売ってたりw)。

入札時から分かっていたのですが、ピックアップセレクターの調子が悪いようでリアピックアップに切り替えた際に音が出ないことがあります。何度か動かすと鳴ったりします。また、このギターはずいぶん放置されていたらしくあちこちがボロボロ、金属類もサビサビでした。

なぜそんなものを買ったのかというと、レフティ用にしようと思っていたのでした。ナットを交換して左用に弦を張り、気分はジミヘンです。スモールヘッドですが。練習用なので、リア PU が不調だとか、パーツが錆びてるとか、そういうことはどうでもよかったりしますw。でも音は思ったより良さげ。

2011年1月17日、Twitter のユーザーと不要なものをやりとりできる「Livlis リブリス」というサービスを通じて、とある方にお譲りしました。

Yamaha SG1000 - Black (売却済)

Yamaha SG1000 Black 01 (2009-11-14 撮影) Yamaha SG1000 Black 02 (2009-11-15 撮影) Yamaha SG1000 Black 03 (2009-11-19 撮影)

2009年11月14日、友人と横浜をブラついていたところ、モアーズのクロサワ楽器で安売りセールが開催されており、ビルの屋上に特設コーナーが設けられていました。その中に、49800円のところ半額の24800円で売られているヤマハの SG1000 を発見!ボディは黒で白濁が進んでいて綺麗ではありませんが、バイサウンドは生きていました。財布に2万5千円しか入っていませんでしたが、勢いで購入してしまいました。

とにかくまぁ、2万4800円で購入した Yamaha SG です。高中正義ファンなのでいつかは欲しいと思っていました。帰宅後よくチェックしてみるとボディ白濁の他に、トーンノブに貼ってある「Tone」のシールが1つだけ剥がれてたり、フレットがだいぶ少なかったり、ペグがゴールドのモノではなく、SG700 あたりから取って来たと思われるクロームのモノに変わっていたりしていましたが、それでも良い買い物をしたと思います。

シリアルナンバーは 058024。下の参考リンクに貼った PDF ファイルの情報によると、Yamaha のエレキギターの全モデルで、シリアルナンバー 025410~059618 は1981年製とのことです。ピックアップカバーを外して裏を見てみたところ、56.11.26 とありました。昭和56年というと1981年。確かにこのギターは1981年製ということになります。自分より10歳も年上のギターですねw。

SG1000 と SG2000 の違いはセットネックかスルーネックかが大きな違いで、SG2000 にはサスティーンプレートも搭載されているので、サスティーンの伸びは SG2000 の方があります。それに比べ、SG1000 はどちらかというとロックっぽいサウンドです。

SG1000 にはバイサウンドスイッチというものが付いています。要するにコイルタップで、フロント・リアそれぞれのボリュームノブを押すと、それぞれのピックアップのシングル・ハムが切り替えられます。当初の SG2000 には搭載されていませんでしたが、1986年以降は搭載されています。また2009年10月頃からは、それまでの Push-Push タイプのスイッチから Push-Pull タイプへ仕様変更がありました。なお SG1000・SG2000・SG3000 は2010年2月に生産完了が決まり、現在は廃盤となっています。

ボディの白濁や金属パーツのくすみなど、見た目はよくありませんが、音は SG そのもの。高中本人の SG1000 RS とは製造年も全然違いますが、まさに高中!といった音が出ます。レスポールとも違う、独特の音です。立って弾くときはボディの重量が難点ですがw。

多くのギターを購入し、あまり使うことがなくなってきたため、惜しい気持ちはありましたが2011年11月28日に3万円で譲りました。なぜ購入した時より高値で売れるのか不思議ですが、きっと生産が終了したモデルだからでしょう!w

このギターを手放してから1年後の2012年11月15日、同型のレッドサンバーストを購入しました。→ Yamaha SG1000 - Red Sunburst

Fender Japan Telecaster (TLM-55M Neck & TL52 Body) - VNT

Fender Japan Telecaster 01 (2010-03-20 撮影) Fender Japan Telecaster 02 (2010-03-20 撮影) Fender Japan Telecaster 03 (2010-03-20 撮影) Fender Japan Telecaster 04 (2010-03-21 撮影)

僕はギターには22フレットがないとダメな人間です。僕の好きなジャズフュージョン系のソロでは 22F、もしくは 22F でのチョーキングなどがよく出てくるためです。24F あれば最高に助かりますが、デザイン的な問題もあってそこまでは求めません。しかし 21F のギターだけはちょっと…と思います。

ある日、ふとテレキャスターが欲しくなりました。52年型の、バータースコッチブロンドのテレキャスの格好良さに惹かれたのです。しかしそういうテレキャスは当然 21F しかありません。どうせなら Fender というブランド名が付いていて、かつ 22F のテレキャスはないものか…。

そんなとき、mixi の楽器の個人売買を行うコミュニティで、まさにその条件に合うテレキャスを発見したのです。しかも2万3000円とお安い!急いでその所有者にメッセージを送ると、なんとその日に会って手渡し出来るとのこと。こうして2010年3月20日、僕はテレキャスをゲットしたのでした。フェンジャパとはいえ、僕にとって初めての Fender ブランドで、初のテレキャスターです。関係ないですが、この日は弟がピアノを買って搬入していた日でもありました。

52年モデルのテレキャスなのに、なぜ 22F まであるのか?実はこのテレキャス、ボディは TL52 というフェンジャパのレギュラーラインナップにある52年型のものなのですが、ネックが別物なのです (ネックを外してみるとボディには TL52C とありました、アッシュ材のモデルのようです)。

以前 Fender Japan から TLM というミディアムスケールのテレキャスのシリーズが販売されていました。TLM はミディアムスケールになった代わりに 22F まであり、このテレキャスにはその TLM-55M から持って来られたネックが付いていたのです。TLM のボディはブリッジが6連サドルになっていますが、TL52 は3連サドルです。僕は3連サドルの方がテレキャスっぽくて好きですw。

初めてのテレキャスで、どんな音がするのか分かりませんでしたが、アンプに繋いでみてビックリ。フロント PU の音がとても太いんですね。自分で弾いてるのにレスポールなのかと勘違いするくらい太い音が出ました。それと対照的に、リアピックアップはとても「チャリチャリ」しています。ストラトの「シャリシャリ」感とはまた違った音です。別のギターから持ってきたネックということで、オクターブが合うのかどうかなど不安がありましたが、そういった問題はなく満足です (サドルが TL52 の金色のサドルとは違うので、もしかしたらミディアムスケール用のサドルで調整されているのかも)。ミディアムスケールのためワイドストレッチも楽々、またネックがとても細くて弾き易いです。一つケチを付けるとするなら、TLM のヘッドロゴはモダン・ロゴだというところでしょうか。52年モデルならスパゲッティ・ロゴが良いと思いますが、別のネックを持ってきてる状態ですからしょうがないですねw。

「Fender ブランドで 22F あるバタースコッチブロンドの52年型テレキャス」となると Fender USA American Deluxe Telecaster Ash くらいしかありません (しかもこれは6連サドル)。ネット上では、TL52 のボディに、22F ある F/J TN-SPL というモデルのネックを持ってきてニコイチにしている人もいました。そして僕がゲットした、TLM というミディアム 22F のネックを TL52 に持ってきて作られたこのテレキャス。それをたった2万3000円で購入出来たというのは奇跡と言えます。これからもこのテレキャスを大事にしていきたいと思います。

Fernandes LA-115KK - Red (売却済)

Fernandes LA-115KK 01 (2010-09-03 撮影)

ラルク・アン・シエルとかいうバンドの、確か Ken という人が使っていたらしいギター。…という紹介の仕方で、僕がラルクファンではないことは分かったと思いますw。

24フレットでフロイドローズが搭載されたギターが欲しいと思い、楽器屋で目立っていた真っ赤なギターを思い出しました。調べてみると Ken モデルだそうで。ヤフオクでは中古が比較的安く売られていました。

そのとき Schecter Damien-7 AD-DM-7 - Satin Black (売却済) を mixi で売りに出していたのですが、それを「Ken モデルと交換ではどうか」と言ってきた方がいたので、2010年9月3日にその方とギターを交換して入手しました。バイバイ7弦、ようこそ Ken モデル。

交換時に前オーナーさんが「彼女が好きだったギターなので大事にしてやってください」と言っていただけあって、かなり綺麗に使っていたようです。付属の保証書には2009年4月購入と書いてありました。後になって気付きましたが、交換で手放した7弦ギターは僕が自分のお金で購入した初めてのギターで、受け取ったこの Ken モデルは、ベースも含めて10本目のギターでした。

このギター、元々は LA-85KK という型番だったそうで、定価8万5000円から11万5000円と値上げしたのを機に LA-115KK という型番に名称変更したようです。変わったのは名前だけでスペックは同じようです。同じシェイプですが白いボディにローズウッド指板の LA-80KK というモデルもありました。

真っ赤な外見だけでなく、トーンなし、1ボリュームのみという「男」なギター。ピックアップは SSH ですが、リアハムはコイルタップスイッチが付いていてシングルとしても使用できます。5 Way スイッチでフェイズサウンドも出て、いかつい見た目の割にはフツーにストラトっぽい音がします。

大丈夫なのかと不安だった真っ赤なメイプル指板も、弾いてみると別段違和感はなく、ボディ裏面のジョイント部分が工夫されているためハイポジションでもなかなか弾き易いです。ロック式のトレモロは初めてだったので、ガンガンアーミングしても狂わないのにはビックリしました。ヘタクソでも気分だけはスティーヴ・ヴァイですw。

しかし、悪い音ではないのですが特別良い音でもなく、その時僕が求めていたサウンドとも違っていたので、前の持ち主さんには申し訳なかったですが、翌月10月17日には mixi を通じて別の方に2万5000円で売却しました。

Fender Japan ST68RH - Black

Fender Japan ST68RH 01 (2010-09-30 撮影) Fender Japan ST68RH 02 (2010-09-30 撮影) Fender Japan ST68RH 03 (2010-09-30 撮影)

僕はジミヘンが好きで、そこからラージリバースストラトフェチというページも作るほど、ラージヘッドが好きになっていました。Fender Japan の ST68TX というモデルがジミヘンの使用していた69年製ストラトに近いモデルなので、いずれそれを購入しようと思っていました。お金があれば、左利き用の ST68LH を購入し、ネックを入れ替えればリバースヘッドに出来るかも…? それとは別に ST68JH という逆ジミヘンスタイルになるギターも欲しいな…などと思っていました。

ある日、何だか急にジミヘンの曲が聴きたくなり、ジミヘンの曲を聴きながらフラフラとネットサーフィンをしていました。すると、ST68RH というモデルが再発売されるという情報を見つけました。このモデルは2006~2007年頃にも一度発売されており、ST68TX のネックがリバースヘッドになっているというイケベ楽器限定モデルでした。それがこの日、再発売されることが決定したようなのです。同じ日の間にジミヘンが聴きたくなり、ジミヘンが使用していたギターのリイシューが再発売される…。その時ふと、今日が2010年9月18日であることに気付きました。9月18日はジミヘンの命日で、2010年はその40周忌でした。

本当に単なる偶然だったのでしょうが、その時は何か運命的なものを感じ「これはきっとジミヘンのお告げだ!」と決めつけ、入荷はまだだというのに ST68RH を注文してしまいました。自分の貯金のことなど考えずに購入してしまったため、財布の中は大変なことになっていましたが、ギターを注文してからもジミヘンが何度か夢に出て来たりして、僕の中ではワクワクが止まりませんでした。

9月30日、ようやくギターが到着。見事なラージリバースヘッド!そして PhotoGenic などのコピー品ではない、Fender ブランドのストラトというものも初めてです。テキサススペシャルのピックアップはパワーがありながらも綺麗な音がしていてとても良いです。単に左利き用のものをひっくり返した ST68JH とは違い、ST68RH はボディが右利き用なので、弾き易さに問題はありません。21F しかないので、ジミヘンをコピーするときの専用機にしようと思っています (が、出来たら 22F を増設したいところ…w)。

僕はローンが嫌いなので一括で払ってしまい、そのために財政難となってしまいました。また、購入してからすぐに定価8万5千円から4万円近く安くなった同型の中古品を見つけた時は若干泣きそうになりましたが、「こっちはワンオーナーだぜ!」と開き直って納得しています。シリアルは U015270。

Blitz BLP-SPL - TV Yellow (売却済)

Blitz BLP-SPL 01 (2010-11-16 撮影) Blitz BLP-SPL 02 (2010-11-16 撮影) Blitz BLP-SPL 03 (2010-11-16 撮影) Blitz BLP-SPL 04 (2010-11-16 撮影)

2010年11月14日、楽天市場のイケベ楽器でタイムセールが行われており、前から欲しかったこのレスポールスペシャルモデルが9505円と安かったので購入。そういえば1年前のこの日は、Yamaha SG1000 - Black (売却済) を購入した日でした。ギターが欲しくなる日なのかな…w。

Blitz は Aria Pro II の廉価ブランドで、いわゆる安ギターの部類ですが、その中では品質が高く人気のブランドです。

レスポール・スペシャルが欲しかったのは、渡辺香津美の To Chi Ka のジャケットを見て憧れたからでした。実際は渡辺香津美はあのレスポール・スペシャルでライブやレコーディングを行うことはほとんどないそうですがw。ちなみにジミヘンも使用していたことがあるようです。

注文して2日後の16日に届きました。良い感じの TV イエローです。クルーソンタイプのペグはどうせならプラスチックのやつにして欲しいし、チューン・O・マチックじゃなくてバーブリッジにしたかったところだけど…w。フィルムを剥がす際に木屑が出たり、始めのうちはフレットを触ると手に黒い汚れが付いたりするのはやはり安ギターらしいところですが、気になる問題点はなく、ほとんど調整なしでいきなり使えました。

事前にネット上の情報で、ネック側面のポジションマークがある白いバインディング部分に黄色の塗装がされている、という話を聞いていましたが、僕の個体は塗装されておらず、綺麗になっていました。色々聞いてみると、今回のイケベ楽器のタイムセールでこの BLP-SPL を購入した人は問題なかったようです。改善されたのかな?

音はかなり良いです。知人が本家 Gibson のレスポール・スペシャルを持っていて触らせてもらったことがあったのですが、それに劣らず頑張っています。ガンガンに歪ませると音のクリアさがなくなる感じがしますが、クリーントーンはかなり綺麗に鳴ります。フロント、リアを単体で使うと多少ノイズが気になりますが、センターで両方鳴らした時の音がとても綺麗で、トータルで見るとかなり良いギターです。

しばらくして弾かなくなってしまったので、2011年の8月下旬、弟の友人に5000円で譲りました。