ゲームボーイ

ゲームボーイ本体のお話。

ゲームボーイについて

ゲームボーイ (GB) は、1989年4月21日に発売された携帯型ゲーム機で、発売台数が最多のゲーム機。ハードの性能差が開いていき、売り上げが落ちたことがあったが、ポケモンシリーズの発売により、売り上げが上がった。ゲームボーイブロス (カラーバリエーション)、ゲームボーイポケット (小型軽量化)、ゲームボーイライト (バックライト)、スーパーゲームボーイ (SFC で遊べる)、ゲームボーイカラー (カラー化) など、さまざまなバリエーションがある。カートリッジの色にも意味があり、灰色は初代 GB から使用可、黒はカラー・モノクロ互換、スケルトンはカラー専用。どこでも遊べること、後継機種の GBA でも使えることから、今でも人気が高い。

僕が持っているのはほとんどポケモンシリーズなのだが、GB は本当に面白いゲームばかりだ。容量的に、難し過ぎず簡単過ぎない、ちょうどよいレベルのゲームができやすいのだろうかw。街でゲームをしていて、出会った人とその場で通信ができるのも、携帯ゲームならではだなぁと思う。

さまざまなゲームボーイ

色々なゲームボーイを紹介する。

ゲームボーイ

ゲームボーイ (旧タイプ)

初期のゲームボーイ。単3型アルカリ電池を4本使用する。当時の希望小売価格は12500円だった。

ゲームボーイブラザーズ

ゲームボーイブロスは1994年11月21日に登場し、レッド、グリーン、イエロー、ブラック、ホワイト、そして当時としては画期的なスケルトンタイプというカラーバリエーションがあった。当時はキムタクのバンダナが当たるキャンペーンなどもあった。

ゲームボーイポケット

ゲームボーイポケット (ブラック) ゲームボーイポケット (シルバー) ゲームボーイポケット (イエロー)

1996年7月21日に登場したポケットは従来よりも小型化され、電池は単4型2本になり、液晶も綺麗になった。

ゲームボーイライト

ゲームボーイライト (シルバー)

1998年4月14日、ゴールドとシルバーの2色で発売されたライトは、ポケットとほぼ同じサイズながらバックライトを搭載し、ポケット以上に電池が長持ちする (電池は単3型2本)。

ゲームボーイカラー

1998年10月21日に発売されたカラーは、カラー液晶を採用。カラー対応ソフトだけでなく、従来のソフトまでカラーで遊べるようになった。レッド、ブルー、イエロー、パープル、クリア、クリアパープルの6色の他に、限定で様々なカラーが作られた。ストラップホールがつけられた任天堂初の携帯ゲーム機で、赤外線通信機能も付いている。

スーパーゲームボーイ

スーパーゲームボーイ

スーパーファミコンでゲームボーイソフトが遊べる周辺機器。1994年6月14日発売。

スーパーゲームボーイ2

スーパーゲームボーイ2

1998年1月30日に発売されたスーパーゲームボーイ2には、通信端子が搭載された。

ゲームボーイタイトルリスト