Nintendo 64 エミュレータ

プレイステーションとの戦いで完敗してしまったハード、Nintendo 64。しかし、今でも人気のソフトも多く、エミュレータの開発も未だ続けられています。

エミュレータでの再現度ですが、グラフィックが正しく表示されない、途中でフリーズしてしまうなど、正しくプレイできないソフトも一部ありますが、8~9割のソフトは、ほぼ正常に動きます。

Project64

N64 エミュレータの中では、安定度、再現度、対応ソフトの数、どれを見ても1番のエミュレータでしょう。プラグイン式なので、プラグインを入れればさらに高い精度を出せます。

機能としては、どこでもセーブ、チート機能などが付いていますが、録画機能だけは付いてません。略して PJ64

ダウンロードと日本語化

  1. まずは Nintendo 64 Emulator Project64 から「Project64 v1.6」を選択して本体をダウンロードします。
  2. 次にねこかぶのホームページ - N64 エミュレーターなどの日本語化パッチから「Project64 1.6」日本語化ファイルをダウンロードします。
  3. 本体をインストールしたら、日本語化ファイルを解凍して出てきた「pj64v16jp.exe」を、インストールした本体と同じフォルダに入れて実行します。
  4. そのあと本体を起動して、「ファイル」の「言語」で「Japanese」を選択したら完了です。

基本操作・設定

日本語化したら、日本語化なので大体分かると思います。

  • 「ファイル」で ROM の選択や起動など
  • 「システム」でリセット、ステートセーブ & ロード、チートの選択・使用など
  • 「オプション」でプラグインの設定など
  • 「ヘルプ」はそのとおりヘルプ

という感じです。設定しておくとよいことは以下のとおり。

  • 「ファイル」→「ロムフォルダの選択」でロムフォルダを選択
  • 「オプション」→「ビデオプラグインの設定」から解像度を設定 (快適に動作する程度にしておく)
  • 「オプション」→「インプットプラグインの設定」からキーコンフィグを設定

Mupen64

ビデオ録画機能が付いている N64 エミュレータです。再現度もよく、Project64 で動かないソフトも起動したりします。ただし、改造コード機能は付いていません。

ダウンロード・起動まで

  1. まずは Mupen64 - Download から本体「Mupen64 0.5.1」をダウンロードします。
  2. 次にMupen64 シリーズ用日本語ファイルのページから日本語化パッチをダウンロードします。
  3. 本体をインストールし、日本語化パッチを解凍して、本体をインストールしたフォルダにコピーしインストールします。
  4. 本体を起動させ、「File」→「Language」→「Japanese」を選択すると、日本語化が完了できます。
  5. このままでも利用できますが、録画機能を特化させるために Mupen64 ReRecording V2 Beta (exe ファイル直リンク) (リンク切れ) をダウンロードして、本体をインストールしたフォルダに入れます。ソフトを使うときは、あとから放り込んだファイルで実行します。
  6. Project64 の本体に同梱されているプラグインを、Mupen64 の「plugin」フォルダにコピーして、ビデオプラグインに「Jabo's Direct3D8 1.6」を利用すると、もっとよくなるようです。

ここまで設定できたら OK です。

ビデオ録画

Mupen64 では、自分のプレイ映像を録画できます。録画の方法には2種類あり、プレイをリアルタイムに AVI 録画する方法と、リプレイを AVI 録画する方法があります。

まずは、プレイをリアルタイムに AVI 録画する方法を紹介します。

  1. ゲームを適当なところまで進め、「ユーティリティ」→「Movie」→「Start AVI Capture」を選びます。
  2. AVI ファイルの保存場所と圧縮形式を指定したら、録画開始です。
  3. プレイをして録画を終わらせるときは、「Stop AVI Capture」を選んで終わらせます。

上記の方法だと、低スペックのパソコンでは動作が遅くなるので、快適に録画できない場合は、リプレイを AVI 録画する方法をオススメします。

  1. 「ユーティリティ」→「Movie」→「Start Movie Recording」を選び、出てきた設定画面で設定をします。「From Start」は最初から記録、「From Snapshot」はセーブしたところから記録開始、という意味です。
  2. プレイが終わったら「Stop Movie Recording」を選択して終わらせます。これで「.m64」ファイルにプレイが記録されます。「Start Movie Playback」で再生、「Stop Movie Playback」で停止します。
  3. 記録したプレイを AVI ファイルにするには、「Start Movie Playback」で「.m64」ファイルを再生し、再生中に「Start Movie Recording」を選んで、AVI 録画を開始します。
  4. 録画停止は同じく「Stop Movie Recording」を選択して終わらせます。

Tips : 64GB パックで遊ぶ

N64 の中には、ポケモンスタジアムなどのように、「64GB パック」を使って GB のソフトと連携して遊べるソフトもあります。そんなゲームを、エミュレータで遊ぶ方法です。

対応エミュレータは、プラグイン式のエミュレータなら大丈夫のようです。Project64Mupen64 では管理人も動作を確認しました。

用意するものは、N64 エミュレータ、N-Rage DirectInput8 Plugin 2、GB の ROM イメージとセーブデータ、の4つです。

まずは N-Rage DirectInput8 Plugin 2 の「RELEASE BINARY (most people want this) :」の下のリンクから、「N-Rage DirectInput8 Plugin 2」というプラグインをダウンロードします。

ダウンロードしたファイルを解凍して、「NRage_DInput8_V2_2.00.dll」をエミュレータのプラグインフォルダにコピーし、エミュレータのインプットプラグインで「N-Rage's Direct-Input8 V2 2.00b」を選択します。

このとき Project64 などでは、「msvcr70.dll がない」という旨のメッセージが出るかもしれません。その場合は「msvcr70.dll」を検索して、エミュレータの本体があるフォルダにコピーしておけば OK です。

インプットプラグインの詳細設定で、「Controller Pack」タブを選び、「Raw Data」にチェックを入れ、プルダウンメニューから「Transfer Pack」を選びます。

ここで、GB の ROM イメージとセーブデータを読み込ませれば完了です。対応している N64 ソフトの ROM を読み込ませて、ゲームを開始します。

その他の Nintendo 64 エミュレータ

この他にも、まだまだ N64 エミュレータがあります。それぞれで機能や再現性などが違うので、チェックしてみましょう。

  • 1964 - Kaillera でネット対戦が可能
  • Nemu64 - 動作が一番重い・録画機能アリ
  • UltraHLE