どっちがどっち?

普段の生活の中で、「似たような言葉があるけど、それとこれの違いは何…?」という経験をしたことってありませんか?

そんなときに役立つかもしれない、管理人 Neo が出会った「どっちがどっち?」をまとめてみました。こういった、似た言葉の意味をちゃんと知っておいて、正しく分かりやすい言葉を使えるようになっていきたいですね。

「カフェオレ」と「カフェラッテ」

コーヒーが好きな Neo ですが、イマイチ「カフェオレ」と「カフェラッテ」の違いが分からなかったので、調べてみました。

これによると、日本では

  • 濃い目のコーヒーと熱いミルクを別々に用意し、同時にカップに注いだものが「カフェオレ」(フランス語)
  • エスプレッソにミルクを入れたものが「カフェラッテ」(イタリア語)

と呼ぶようです。またカフェラッテは、

  • 単にコーヒーとミルクを混ぜたイタリア式
  • 泡立てたミルク (スチームミルク) を用いたアメリカ式

の2種類があります。

泡立てたミルクといえば「カプチーノ」もですが、カプチーノは「コーヒー + ミルク + 泡立てたミルク」という形が多く、「コーヒー + 泡立てたミルク」のカフェラッテとは区別されるようです。

「沖縄そば」と「ソーキそば」

修学旅行で沖縄に行ったとき、国際通りにある「なかや」というお店で食べたソーキそばがすごくおいしかったのですが、写真を見ても、沖縄そばとの違いが分かりませんでした。

  • 骨つきでない肉がトッピングされているものは「沖縄そば」
  • 骨つき肉やソーキ (豚のあばら肉) がトッピングされているものは「ソーキそば」

「沖縄そば」にソーキ肉がトッピングされているものが「ソーキそば」というのが一般的みたいです。

「Disc」と「Disk」

どっちかがスペルミスなのかと思ってたら…

によると、

  • 光学メディアは「Disc」
  • 磁気媒体は「Disk」

という違いのようです。

Disc - 光学メディア
  • CD (Compact Disc)
  • DVD (Digital Video Disc や Digital Versatile Disc)
  • ブルーレイ (Blu-ray Disc)

などなど…

Disk - 磁気媒体
  • フロッピーディスク (Floppy Disk)
  • ハードディスク (Hard Disk Drive)

などなど…

円盤全般が「Disk」、音楽用途に限って「Disc」という説もありますが、「DVD」の名称を考えたとき、映像が含まれているのに「Disc」ではおかしいので、正しい説とは思えません。

また、イギリスでは「Disc」の方が好まれ、アメリカでは「Disk」の方が好まれるという違いもあるみたいです。

「クッキー」と「ビスケット」

基本的に同じもののようです。

  • アメリカ英語は「クッキー」
  • イギリス英語は「ビスケット」

日本では、ビスケット協会というところが2つを定義して区別していて、糖分や脂肪分の合計が 40% 以上のものを「クッキー」としているようです。ただ、これは「自主ルール」とのことなので、実際はどっちも同じだといえます。

「預金」と「貯金」

「どっちでもよいだろ」って思っていましたが…w。

  • 銀行に預けると「預金」
  • 郵便局に預けると「貯金」

「利子」と「利息」

何となく、アコムとかレイクとかいう名前が連想されますw。借りる側から見るか、貸した側から見るかによって、呼び方が違うということです。

  • 借りた側から見ると「利子」
  • 貸した側から見ると「利息」

「重傷」と「重体」、「全治」と「完治」

病気や怪我関係の言葉を2つ一気に紹介します。まずは「重傷」と「重体」から。

「重体」の方が重いのかな、と思ってたら、ほぼ合ってました。

  • 生死に関わらない怪我は「重傷」
  • 生死に関わるほどの怪我は「重体」

その他、似たような言葉を大まかにまとめると以下のようになります。

  • 「重傷」と比べ、入院が必要ない程度は「軽傷」
  • 怪我ではなく病気の場合は、「軽症」「重症」

それぞれの定義が微妙で、ものによっては「何日以上入院すると重症」というような定義があると説明されていたりします…。

次に「全治」と「完治」です。

  • 「全治」は医師の治療が必要な期間のこと
  • 「完治」は、すべて元の状態に戻ったこと

つまり、退院できたというのは「全治」で、すべての怪我や病気が元通り治ったのは「完治」ということですね。

「ソーセージ」と「ウィンナー」、「パスタ」と「スパゲティ」

今回は、片方の言葉がもう片方を含む総称、という例を2つ紹介します。まずは「ソーセージ」と「ウィンナー」から。

僕個人は、どうもソーセージの油が合わなくて、あんまり好んで食べません…。

  • ハム、ソーセージ、ベーコン、といった、食肉加工の種類がある。
  • 「ウィンナー」は「ウインナーソーセージ」が正しい名前で、「ソーセージ」の種類の1つ。

つまり、「ソーセージ」の中の「ウィンナー」ということですね。

次に「パスタ」と「スパゲティ」の違いです。

  • イタリア料理で使われる、小麦を加工した食品全般が「パスタ」
  • そのパスタの種類の1つで、紐のように細長いものを「スパゲティ」

というそうです。「パスタ」の中の「スパゲティ」ということです。マカロニなども、「パスタ」の種類の一つです。

「サラミ」と「カルパス」

チーズとかサラミとか「クラッツ」とか、おつまみ系が大好きなんですがw

  • ドライソーセージの一種が「サラミ」: サラミスが発祥の地。
  • セミドライソーセージの一種が「カルパス」: 豚肉や牛肉に黒コショウを加えて乾燥しボイルしたもの。

…イマイチ違いが分からんとですw

「脂」と「油」

漢字をよく見れば違いが分かりますね。常温で固体か液体かの違いです。

  • 固体状のものが「脂」
  • 液体状のものが「油」

「才」と「歳」、「年令」と「年齢」

今回は2つを同時に紹介します。

「才」と「歳」は、漢字の持つ本来の意味からいうと、「歳」の方が正しいといえます。「才」の方は、意味は違いますが、音読みが同じなので「歳」の略字として使われるようになり、一般に広まっています。

「年令」と「年齢」も同じく、「年令」は「年齢」の簡単な書き方として使われ始め、一般に定着したということです。

このような「漢字表記のゆれ」は他にも多くありますね。

「ファスナー」と「ジッパー」と「チャック」

今回は似たような言葉が3つあります。

  • ファスナー : 英国式名称で一般名詞。正式には「スライドファスナー」といい、1891年ホイットコム・ジャドソンという人が考案。
  • ジッパー : 米国式名称で一般名詞。ファスナーを閉めるときの「シューッ」という擬音の「Zip」が元で、「Zip Fastener」ともいう。1921年、靴にファスナーを採用したメーカーが命名。
  • チャック : 巾着 (きんちゃく) をもじった日本の一般名詞。1927年日本の尾道でファスナーを作り始めた人が「チャック」と商標をつけたことから。

「チャック」って和製英語なんですね。元をたどっていくと、最初に呼ばれたのは「ファスナー」だったんですね。

「蝶」(チョウ) と「蛾」(ガ)、「鷹」(タカ) と「鷲」(ワシ)

似たような生物について2つ紹介。まずは「蝶」と「蛾」から。

「蝶」と「蛾」は、結論をいうと、どちらも「鱗翅目」で区別はできません。しかし、日本に生息するものに関しては、以下のページで見分け方が紹介されています。

「鷹」と「鷲」も同じ「タカ目タカ科」で、比較的大きなものを「鷲」、中型から小型を「鷹」と、漠然と別けているだけのようです。