abbr & acronym・em & strong

似たような意味のある要素をいかにして使い分けるか、というお話。

abbr 要素と acronym 要素

abbr 要素と acronym 要素は、どちらも略語を示すもので、今まで一般的には、

  • abbr 要素は略語一般
  • acronym 要素は頭字語のみ

という使い分けがされてきたが、実際のところ、明確な区別がハッキリしないままになっていた。

しかし、XHTML2.0 や、(2008年2月12日現在) 草案としてリリースされている HTML5 では acronym 要素は削除されており、略語は abbr 要素のみを使うように奨められている。

2つを明確に区別する重要性・必要性がほとんどないこと、acronym 要素が正式に廃止予定であることから abbr 要素のみを利用していきたいところだ。しかし、IE6 などのブラウザは abbr 要素に対応しておらず、適切な表示がされない (IE7 以降やその他のブラウザの多くは対応している)。IE6 では、逆に acronym 要素には対応しており、適切な表示が行われている。

abbr 要素をきちんと表示できないブラウザがまだ多い中で abbr 要素を利用していくには、

などの方法があるので、こういった方法でしのごう。

結論 : abbr 要素だけ使ってればいい。

em 要素と strong 要素

em 要素と strong 要素はどちらも強調で、今までの仕様では、

  • em 要素は強調
  • strong 要素はさらに強調

という説明がされていた。

しかし、HTML5 草案では、strong 要素は「強調というよりはむしろ重要性を表すようになる」という説明になっている。

このことから、2つの要素の意味は、次のように解釈できる。

em 要素

強勢や異調という意味での強調。一般的なスタイルとしては、圏点や傍点、括弧にあたる。

strong 要素

重要性の高さを示す、という意味での強調。一般的なスタイルとしては、太字にあたる。

一般的なブラウザで、em 要素が斜体、strong 要素が太字で表示されること、英語の本での斜体と太字の使われ方を考えると、こういう解釈が適当であろう。