ハーボット

懐かしのHarbot (ハーボット) が配置されていたページを2019年に再現。文面は2003年当時の本サイトのテキストをサルベージしたモノ。

Neo's Harbot

ハーボット

名前は「マイケル」。由来はマイケル・J・フォックスから。多少ボケっとしている設定。カートで遊べるので、ランキング1位を狙って頑張ってね。

ハーボットで相互リンクしませんか?してくださる方は、自分のハーボットの「リンクする」を選んで、出てきた画面にこのページの URL を入れて相互リンクを申し込んでね。サイトのジャンルは何でも OK。

以下のハーボット関連サイトに参加中。

  • ハボサーチ (http://habo.cute.bz/)
  • ハーボット Fan! ハーボット Fan! (http://www.harbotfan.com/)
  • ハーボットリング (http://www.webring.ne.jp/cgi-bin/webring?ring=harbot_ring;home)

当時の思い出

2001年10月にソネットによってサービス提供されたハーボット。当時の個人サイトには大抵置かれていた。リヴリーが流行るまでは、個人ページに配置できるペット型サービスとしては唯一無二だったと思う。同じくソネットが提供していたメールクライアントの「PostPet (ポストペット)」もソネット提供だったが、個人サイトが普及してきたところを狙って提供し始めたのだろう。

話しかけてもイマイチ面白い反応をしないし、よく円錐の耳の部分だけ置いて出掛けていたし、ユーザが覚えさせた単語もあんまり覚えていてくれないし、精度が低めのおバカなペットだったと記憶している。Shockwave か Flash 製で、当時 ADSL でも動作はモッサリしていた記憶がある。ゴーカート的なミニゲームがあったらしく、それが面白かったために紹介ページにも書いていた模様。

当時のハーボット配置用コードは以下のような感じだった。

<script language="JavaScript" src="http://harbox-harbot.so-net.ne.jp/h.jsp?hbxid=370938"></script>

この JSP ファイルの中身も Archive.org に残っていて、Flash プラグインがインストールされているかどうかチェックしたり、OS のバージョンをチェックしたりしているところが「時代」って感じ。本ページに貼ったハーボットの GIF 画像は、この JSP が返す noflash.gif を貼ったモノ。

当時乱立していたサーチエンジンやウェブリングも懐かしい。貼り付け用コードには maparea 要素を組み合わせた「イメージマップ」があったり、ilayer なるネットスケープ独自の要素が含まれていたりと、時代過ぎる。

現在も残るハーボット関連ページの一部を紹介して終わりとしよう。

ハーボットのサービスは2008年に終了。それから11年経つが、いつも「なんとなく」居てくれたハーボットのことは、これからも忘れない。