シボレー・カプリスおよびリアスパッツフェチ

リアタイヤを覆う「リアスパッツ」を履いた1991・1992年モデルのシボレー・カプリスが好きなのでページを作る。

リアスパッツとは

リアスパッツとは、クルマのリアタイヤを覆うカバーのこと。ホンダの初代インサイトなどを見ると、こういうデザインのクルマをどこかで一度は見かけたことがあるかと思う。

「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」や「トータル・リコール」、「マイノリティ・リポート」など、近未来を舞台にした映画には必ずといっていいほど、タイヤを覆ったデザインのクルマが登場する。リアスパッツには SF 感があり、フェチ心をくすぐるのである。

第4世代シボレー・カプリスとは

GM 傘下のシボレーが生産するカプリスというモデルの歴史は1965年から始まっており、2019年時点での最新モデルは6代目となる。その中でも1991年から1996年にかけて生産された第4世代は、リアスパッツを採用したモデルだ。

厳密には、リアスパッツが採用されているのはセダンタイプでは1991年式と1992年式のみで、1996年の生産終了まで一貫してリアスパッツが採用されていたのはワゴンタイプのみ。カー・オブ・ザ・イヤーを受賞している一方、そのデザインは「打ち上げられたクジラ」とまで揶揄されるなど、デザインは賛否両論。

一般車としてはウケが良くなかったものの、パトカーやタクシーのベース車両として採用されたことから、2000年代頃まではアメリカの街中ではよく見かけられたクルマだ。

僕はこのリアスパッツを履いたカプリス・セダンのデザインが大好きだ。このページでは、特に1991・1992年式のカプリス・セダンにスポットを当てていく。

第4世代カプリスが登場する映画

リアスパッツを履いたカプリスが見られる映画情報。自分で観たことがあって、なるべくハッキリと登場する作品に絞って掲載。

  • 1994「Speed スピード」 : バスを先導するパトカーとして登場。[参考]
  • 1995「Jumanji ジュマンジ」 : デヴィッド・アラン・グリア演じる警察官のカール・ベントレーが乗るパトカーとして登場。猿に乗り回されたり巨大植物に食われたりなど、散々な結末を辿る。[参考]
  • 1997「Face Off フェイス・オフ」 : FBI 捜査官のクルマとして登場。[参考]
  • 1997「Men In Black メン・イン・ブラック」 : タクシーとして登場。[参考]
  • 1998「Godzilla ゴジラ」 : ゴジラに食われかけるタクシーや路上のパトカーとして登場。[参考]
  • 2001「Swordfish ソードフィッシュ」 : ヒュー・ジャックマン演じるスタンリー・ジョブソンを追う FBI 捜査官たちが乗っている。[参考]

リアスパッツを履いていない第4世代カプリスが登場する映画

リアスパッツを履いていないカプリスの映画情報。

  • 2003「Matrix Reloaded マトリックス・リローデッド」 : ぺちゃんこにひしゃげる乗用車、高速道路でのカーチェイスシーンにおけるパトカー。[参考]

リアスパッツを履いたクルマが登場する映画

カプリス以外のリアスパッツを履いたクルマが登場する映画。

  • 1994「Clear And Present Danger 今そこにある危機」 … Ford Taurus Wagon : ハリソン・フォード演じるジャック・ライアンが、リアスパッツを履いたフォード・トーラス・ワゴンに乗っている。[参考]

参考文献

その他このページでは紹介していない映画作品やテレビ作品を含めた情報は以下が詳しい。